サイバーエージェントの人事制度が酷いと話題に…「会社と価値観が合わない人」は部署異動か退職勧奨

   

サイバーエージェントの人事制度

1

同社人事本部 全社人事部長の武田丈宏氏が独自システム「GEPPO(月報)」の活用方法、人事データを分析するために新設された「人材科学センター」、下位5パーセントの人材にマイナス査定を行う「ミスマッチ制度」について解説
(中略)
武田 半期に1回査定をしているので、そのタイミングでミスマッチ制度をやっています。どういうものかというと、ポイントが3つあります。
まず「下位5パーセントを必ず出してください」と。
部下が100人いれば5人、20人いれば1人、必ず下位を出してもらうようにしています。20人に満たない部署は、
だいたい4パーセントくらい集めてくるので、3500人いると150人くらいが毎回上がってきます。
その後にぼくら人事で議論をし、役員会に持って行って、その時にもよりますが、15人から20人くらいのミスマッチ認定を役員会の決議を経てやっています。
パフォーマンスが低い社員もたくさん出てくるのですが、ミスマッチ認定をする価値基準は1つで、「会社と価値観が合わない人」。
周りに迷惑がかけているというポイントだけで、15人から20人を選定します。
高橋 業務遂行能力ということではなく、チームワークとか勤怠で悪影響を及ぼすという視点で捉えているということですか。
武田 そうですね。勤怠も朝だしが遅くても、その人がいないから探すのに周りがすごく時間がかかっているとか、
朝会の伝達事項を別にしなければならないみたいなことは、完全に迷惑がかかっているということです。
(中略)
ミスマッチ認定を受けた人材の半分が退職
高橋 3年くらい前にミスマッチ制度を導入したときの藤田社長のブログの抜粋を読みます。
「下位5パーセントをD評価とする。これはすべてのマネジメント、上司が執り行うので、20名以上いる方は1名まず出しましょう。D評価1回でイエローカード、2回目でレッドカードとなり、2回目で部署異動または退職勧奨のいずれかを選択してもらう」。
このように極めて厳しい制度です。
そのD評価判定の基準は、仕事のパフォーマンスだけでなく、価値観、文化が合わない人が対象となるといった内容が書かれています。そしてさらに、評価においてもD評価をまったく付けない上司は、その上司自身がD評価対象になりうるという厳しいことも書かれています。
これに対する反発ないしは退職勧奨のロングリストになるのではないという問題を、どう乗り越えてこられたのでしょうか。
武田 もちろん法律的なところは丁寧にやらなければならないし、ここには退職勧奨と書いてありますが、よほどのことがない限り「退職してください」という話はしません。
基本的には会社の価値観と合わないので、このままだと会社も評価できないし、あなたも評価されないから互いにアンハッピーなので、あなたが変わるか、お互いにハッピーになる別の選択肢もあるのではないかという話をして、本人に選んでもらうという感じです。
実際の数字でいうと、100人くらいミスマッチ認定になり、だいたい50人くらいが退職しています。残り50人のうちの半分くらいが何らかの形で改善し、残り25人が引き続き対話をしているということです。
高橋 藤田社長のブログの後半を読ませていただきます。「ミスマッチ制度は厳しいようですが、この会社で成長や昇進の見込めないことを率直に伝えることのほうが、よほど誠実だと思います。
本人のためにも会社の文化と肌が合わずいつも不満を感じている人は、一度しかない人生の時間を無駄遣いすることなく、できるだけ若いうちに転職するべきだと私は思っています。
また、会社の価値観と合わない人に対して、どうして21世紀を代表する会社を創らなければならないのかということから経営陣が説明しなおすつもりはありません。
誰にでもみんなにやさしい会社は、いずれみんなを路頭に迷わせてしまうだけです。優秀な人に存分に報いるためにも、メリハリの効いた人事制度を心がけていくつもりです」。
まさに信賞必罰に訴える、私が常に唱えているポイントだと思っています。これをやり続けているからこその筋肉質な体制が維持できるということなのでしょうか。
武田 はい。
高橋 ミスマッチ制度はホームページにも載っていないですか? サイバーエージェントさんのホームページに「おもしろ人事」ということで、かなりいろいろな施策については出ているのですが、いまのポイントはおそらく出ていなかったのではないかと思います。貴重なお話をありがとうございます。

4

役員共に媚びた奴だけが生き残れる会社って事だね

7

価値観は違っても、会社の価値基準に従って業務を遂行できれば別にいいんじゃないかとも思うが

13

ブラック企業はブラック体質を価値観と言います。

14

会社がでかくなると、追い出し部屋を作る余裕ができるから、こういう人事制度が成り立つんだろうね

15

翻訳すると「リア充になれないなら出てけよ。ノリ悪いんだよオメーはよ」

18

おいおい、会社の価値観と合わないという曖昧な基準・判断で
日本の労働法下で、事実上の退職強要をできるのかよ
自ら、ブラック会社と暴露しているw

20

制度については、判らんでもないんだけど、
人事だけが「絶対安全圏」にいるみたいなのが気に入らない。

24

制度論としては十二分にアリだと思うが、「会社の価値観」とやらが明確になってるかどうかが問題だな
そうでないと、何とでも難癖付けて退職勧奨できる

30

まあ、サラリーマンなんて所詮使用人だからな。
嫌なら辞めろの世界だわ。

32

サイバーエージェントのイメージが下がるわ
なんなんこのパブ記事 米アマが似たようなことやって批判されてたよね 

33

D評価の部下が本当に居る場合はいいけど、D評価を付けない上司もペナルティがあるのは問題では?
せっかく部署なりグループとして機能しているのにギスギスしそうな制度だね
まあ仲良くなりすぎて批判できないより多少緊張感あった方が会社的にはいいのかもね

36

普通に業績悪い奴でいいだろ
何だよ価値観て

42

これろくでもない制度だけどな
最初はいいけどある程度年数経つとそんな下の評価つける奴がいなくても
つけなければいけないことになる
共産主義の密告制度みたいになるよ

44

もっと退職しやすい労働環境を作ってほしいね

45

いろいろうまいことを言っているけど、どんな制度でもうまく行くときはうまく行く。
この制度じゃ結局は腰ぎんちゃくばかりになる。
しばらくは社長は楽しいだろうけれどね。
だいたいいくら切ったところで全員が馬が合う人間ばかり名はずが無い。
最高の仲間20人でも1人は切らなきゃいけないし、馬鹿げた制度だよ。

47

まあ、優しい方だよ。中小だと即行首だしな。

50

元社員だけど
サイバーでD評価がつく奴ってそーとーの無能というかアホというか池沼系だよ
普通に仕事してれば最低評価なんてつかない
そういうアホを採用した部署長と人事が責任逃れするために
将来の厄の目を早めに摘んでおくってそういう仕組みなだけ
まあCやB評価でも無能や怠け者はたくさんいるけどね
本当はそういう隠れ無能社員を見つけ出してD評価つけないとアカンのに
つまり意味のない制度

55

同質性や一体感が欲しいというのはわからんでもないが
それを推し進めると、多様性が無くなるので自殺行為となり得る

64

人事や役員も同じように評価させないところがこの会社が子供の集まりな理由
たいそうな理由をつけて、他人を従わせるのを楽しんでるだけ

66

ただのブラック企業だろ

70

評価者の一存で決まるからな。ゴマ擦りが出世するシステム。

71

下位五パーセントなんてゴマすらんでも入らんわ。

75

ちゃんと運用できるのなら制度としてはあり
が、たぶんちゃんと運用できない

86

まあ自滅コースだろうな
わかっててやってる気がしないでもないが
はじかれたやつはラッキーなんじゃないの

112

同じ価値観の人間ばかり優遇するとイエスマンばかりになるから会社が間違った方向に行きかけたときにストップをかける人間がいなくなってしまう
まあ社長がずば抜けて優秀ならそれでもいいけどね

115

でも奥菜恵には一発レッドで離婚されたんだろ?藤田?

117

>>1
だったら最初から能無しを雇うなよw
合わない社員を採用した責任は誰が取ってるんだ?
全員社長が面接すればいいんじゃない?
偉そうなこと言ってもサイバーエージェントなんて携帯の課金屋さんだろ?

119

この手のシステムが糞なのは、システムを作った奴はそれから除外される点

126

>>119
そうなんだよな…
結局のとこ、会社の価値観なんてモノは変容していくのだから
「会社都合によって部署異動や退職があります」ってだけの話にみえるは

156

>>119
これはあるな
そいつら同士で評価すればいいのに

122

チャラくないとダメな会社か

128

上司に好まれる人は残れるよ
社員の写真みてみろよ

148

常に生贄作るような制度じゃん

167

これ労働法違反になりそうな

173

必ず何人か出すってとこがね…
ま、組織には必ず腐ったやつが出るっていうが

177

少なくともノリノリで恋するフォーチュンクッキーの動画を撮れるくらいじゃないとな

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458090945/

 - ニュース , , ,